あかやかな日々
つ旦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『もっとゆっくりでいいよ』のオケの作り方

以前ちらっと動画のコメントで質問いただいたことがあったので、たまにはDTMネタということで制作の裏話なんかを少し。音楽制作に興味のない方は華麗にスルーしていただければこれ幸い。



かなーりたくさんの方に聞いていただいて、あまりのことに驚きを禁じえないこの曲ですが。
今回はこの曲のある種ちょっと不思議めなオケをどう作ってるか、あたりをネタバラシしてみようかと。

この曲、実は最初は本当にシンプルな、エレピ+ベース+ハット+シンセ少々、くらいな感じの編成で、すんごい普通なアレンジしてました。で、できあがってみたらあまりにもつまらない仕上がり…。それに、ゆっくり声がちょっと個性的なので普通のオケだと声がどうしても浮いてしまっていまいち。

そんなわけでゆっくり声のなじみそうなアンビエントとかニカ方面にちょっと近めの音に改造することにしたんですが、されどせっかく打ち込んだものを消すのももったいないし、音そのものは使えそうだったので、
というわけで、↓こんなことやってます。


まず作ったオケをコード進行1ループ分+αそのまま波形データに書き出し

スライサーに読み込んで、等間隔でスライスする。このとき、元のオケが6/8なのをあえて違う拍子の位置でスライスしたりして、色んな強弱ある音ができるように調整。
slicer.gif

それぞれのサンプルを聞きながら、和音進行に合わせてぶつ切れになったオケを重ねたり細かく並べたりして、音の厚みを出しつつリズムとコード進行がある程度ちゃんと出るように組み上げていく。
roll_convert_20081115051011.gif
※↑その時のピアノロール画面。

組み上がったら仕上げにローファイ系のエフェクトをちょっとかけたりして音の暖かみ的な部分とかノイズ成分を足す


こんな感じでベースになるオケ作りをしまして、その後で曲の流れに合わせてエレピだとかシンセ、ハットなんかを再度足して、エフェクト・EQ調整して仕上げてます。

#というわりとシンプルな作り方なので、実際そんなに時間はかかってなかったり。





……って、こんな手法、何かの参考になるのだろうか(苦笑

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

akayaka

Author:akayaka
某ニコニコしたところで、あかやかPという名前で作った音楽を公開したりお茶をのみながらぼんやりしたりしています。
メール→akayaka[あっと]akayaka.net

制作物マイリスト
【ニコニコ動画】つくったもの

piapro-akayaka
にゃっぽん
twitter/akayaka

最新記事

http://soundcloud.comakayaka

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

月別アーカイブ

ユーザータグ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。